がんばれ〜)ु˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾

 
調べたい事は右上の検索を使うのだ!
 
検索方法はキーワードを入れるのだ!
 
キーワードは1単語で検索するのだ!

【視床下部、下垂体、松果体】ホルモン作用一覧!看護師に必要な最低限の知識!

 

看護学生の頃、ホルモンの役割が「箇条書きで一覧にしてあれば便利だな」と思っていました。

ホルモンは人の恒常性を維持するのに欠かせないものです。

ホルモンの名前とその役割はどのようなものでしょうか。


 
 

1、ホルモンとは

ホルモンは内分泌器官から分泌します。

その分泌量は微量で特定の細胞「標的細胞」に作用します。

ホルモンは血液に直接分泌され標的細胞に届けられます。

竜

ホルモンを受け取る細胞があるのだ

血液に直接分泌されずに作用する物質を「生理活性物質」「サイトカイン」「ホルモン様物質」と呼びます。

1).内分泌器官の場所

  • 視床下部
  • 下垂体
  • 松果体
  • 甲状腺
  • 副甲状腺
  • 副腎
  • 膵臓
  • 精巣
  • 卵巣
  • 胎盤

など

2).ホルモンの種類

ホルモンは大きく3種類に分けることができます。

竜

種類があるのだ

ペプチドホルモン

原料はアミノ酸です。

  • 成長ホルモン
  • オキシトシン
  • インスリン
  • グルカゴン
  • 抗利尿ホルモン

など

ステロイドホルモン

原料はコレステロールです。

  • 副腎皮質ホルモン
  • 性腺ホルモン
  • ビタミンD

など

アミン

原料はアミノ酸誘導体です。

  • 副腎髄質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン

など


 

2、視床下部

マーカー部分を優先的に覚えます。

1).成長ホルモン放出ホルモン「GHRH」

  • ノンレム睡眠の時に分泌が促進
  • 成長ホルモンの分泌を促進

2).成長ホルモン抑制ホルモン「GRIH」

  • 別名ソマトスタチン
  • 下垂体前葉やランゲルハンス島、消化管内分泌細胞など色々な場所から放出されます。
下垂体前葉系
  • 成長ホルモンの分泌を抑制
  • 甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制
  • プロラクチンの分泌を抑制
消化器系
  • 消化器ホルモンの分泌を抑制
  • 膵臓ホルモン分泌を抑制

3).副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン「CRH」

  • 副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促進

4).甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン「TRH」

  • 甲状腺ホルモンの分泌を促進
  • プロラクチンの分泌を促進

5).ゴナドトロピン放出ホルモン「GnRH」

  • 黄体形成ホルモンの分泌を促進
  • 卵胞刺激ホルモンの分泌を促進

6).プロラクチン抑制ホルモン

  • ドーパミンがその本体
  • プロラクチンを抑制

 

3、下垂体

下垂体のホルモンは全て覚えることをお勧めしますが、マーカー部分を優先的に覚えます。

  • 下垂体は前葉と後葉がある
  • 退化しているが中葉もある

1).下垂体前葉

成長ホルモン「GH」
  • 成長に関する作用
    1. 骨の伸長
    2. 筋肉の成長
  • 代謝をコントロールする作用
    1. 炭水化物の代謝促進
    2. タンパク質の代謝促進
    3. 脂質の代謝促進
    4. 肝臓のグリコーゲン分解促進
    5. インスリンの抑制、血糖値上昇
    6. 血中カルシウム濃度の維持
    7. 脂肪組織を遊離脂肪酸として放出
副腎皮質刺激ホルモン「ACTH」
  • 副腎皮質ホルモンの分泌を促進
甲状腺刺激ホルモン「TSH」
  • 甲状腺ホルモンの分泌を促進
黄体形成ホルモン「LH」
  • 黄体ホルモンの分泌を促進
  • テストステロンの分泌を促進
卵胞刺激ホルモン「FSH」
  • 精子形成の促進
  • 卵胞成熟の促進
  • エストロゲンの分泌を促進
プロラクチン「PRL」
  • 射精後の性欲減退
  • 卵巣機能の抑制
  • 春期発動期
    1. 乳腺の分化と発達
  • 妊娠期
    1. 乳腺葉の発達
    2. 乳汁合成
    3. 乳汁分泌
    4. 黄体の構造と機能の維持「プロゲステロンの分泌維持」

2).下垂体中葉

色素胞刺激ホルモン
  • メラニン色素顆粒の分散
  • メラニン色素顆粒の増殖

3).下垂体後葉

オキシトシン「OT」
  • 中枢性作用
    1. 信頼形成
    2. 絆形成
    3. 子育て行動
    4. 生殖行動
    5. 摂食抑制
    6. アルコール摂取抑制
    7. ストレス軽減
    8. 不安軽減
    9. 疼痛緩和
  • 末梢性作用
    1. 分娩時の子宮収縮
    2. 乳汁分泌
    3. 射乳
    4. 射精
    5. ナトリウム利尿
    6. 骨形成
    7. 骨格筋維持
バソプレシン「AVP」
  • 抗利尿作用
  • 血圧上昇作用

 

4、松果体

マーカー部分を優先的に覚えます。

1)メラトニン

  • 概日リズム調節
  • 抗酸化作用
  • 性腺抑制作用

竜

ホルモンはとても大切なのだ

タイトルとURLをコピーしました