がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

わからないことがあれば、右上の「検索」を使ってね

【恒常性】わかりやすい!看護師覚える知識!正と負のフィードバックとその違い!

1、看護知識・看護スキル

ホルモンで使われるフィードバックについてまとめました。

正のフィードバック、負のフィードバックはポジティブフィードバック、ネガティヴフィードバックとも呼ばれます。

人は一定の状態を維持しようとします。この働きを恒常性「ホメオスタシス」と呼びます。

フィードバックは各分野で使われる言葉ですが、ここでは人に起こるフィードバックについて説明します。


 

1、フィードバックとは

フィードバックは「帰還」という意味です。

人では恒常性を保つために働く調節機構の動作原理になります。

竜

恒常性を保つ働きのことなのだ

フィードバックには「正」「負」があります。

「正」だから身体に良い「負」だから身体に悪い、ということはなく恒常性を保つためにはどちらも必要です。

1).基本的概念

フィードバックは「原因」に対して「操作」をすることで「結果」が得られる、とする働きの中で、「結果」が「原因」「操作」に影響を与える仕組みがあることです。

つまり、「結果」が「原因」にさかのぼり作用することです。

例えば

血液中の血糖値が高い「原因」

インスリンを分泌「操作」

血液中の血糖値が減少する「結果」「原因」

インスリン分泌を抑制「操作」

というような働きのことです。

2).正のフィードバック

正のフィードバックは「結果」に対して「原因」「操作」が促進されることです。

つまり「A」の増加により「B」が増加します。

竜

正のフィードバックは「促進」と覚えれば良いのだ

3).負のフィードバック

負のフィードバックは「結果」に対して「原因」「操作」が抑制されることです。

つまり「A」の増加により「B」が減少します。

竜

負のフィードバックは「抑制」と覚えれば良いのだ


 

2、まとめ

正のフィードバックは「促進」負のフィードバックは「抑制」と覚えていても出題されると混乱することが多いです。

竜

しっかりと理解するのだ

1).正のフィードバック

ポイント

  • 「結果」が「原因」「操作」を促進
  • 「A」の増加により「B」が増加
分娩

オキシトシン分泌で子宮収縮
↓  ↑
神経反射を介して間脳が刺激されオキシトシンが分泌

出産

凝血

怪我などにより化学物質が血小板を活性化
↓  ↑
活性化した血小板から化学物質が放出

凝血

乳汁

乳頭を吸引で乳汁が分泌され児が飲む
↑  ↓
│神経反射を介して視床下部が刺激され
│プロラクチンが分泌
│  ↓
└─乳汁が分泌
   ↓
児のお腹いっぱい

竜

まだまだたくさんあるのだ

2).負のフィードバック

ポイント

  • 「結果」が「原因」「操作」を抑制
  • 「A」の増加により「B」が減少
血糖値

血糖値低下

インスリン分泌量抑制
↓  ↓   ↑    
↓  インスリン量がまだ多い
恒常性保持

甲状腺ホルモン

血中濃度「甲状腺ホルモン」が濃い

視床下部から
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン←┐
の分泌量抑制          │
↓               │
甲状腺刺激ホルモンの分泌量抑制 │
↓               │
甲状腺ホルモンの分泌量抑制   │
↓  ↓            │
↓  血中濃度がまだ濃い────┘
恒常性保持

竜

まだまだたくさんあるのだ