がんばれ〜)ु˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾

重たいサイトで申し訳ありません。
1秒で良いのでお待ちください。

(。>ㅅ<。)sorry…

【出生前診断】赤ちゃんの未来を見据える!検査のリスク!

出生前診断は、妊娠中の赤ちゃんに何らかの問題がないかを調べる検査です。この記事では、出生前診断について解説し、検査の内容やリスクについて説明します。

この記事は「厚生労働省のNIPT等の出生前検査に関する専門委員会」を参考にしています。

詳しく知りたい方は下記のURLへどうぞ

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kodomo_145015_00008.html

検査

主な検査を3つ解説します。

NIPT検査

新型出生前診断のことで、non-invasive prenatal genetic testing「無侵襲的出生前遺伝学的検査」の略称、NIPT検査と呼ばれています。

妊娠10週以降に行われます。

方法は、お母さんの血液を採取して、赤ちゃんの染色体異常や先天性異常を調べます。

そのため、お腹の赤ちゃんに非侵襲的で合併症のリスクが低く、安全性は高いです。

竜

非侵襲的をわかりやすく言うと、傷をつけない検査なのだ

ただ、検査結果が偽陽性や偽陰性となる場合があります。

偽陽性とは

正常な妊娠でも染色体異常と誤って検出されること

偽陰性とは

染色体異常がある妊娠でも正常と誤って判定されること

羊水検査

高齢出産となるお母さんや、NIPT検査で陽性と診断されたお母さんに勧められる検査で、妊娠16週以降に行われる検査です。

方法は、お母さんの腹部に注射針を刺し子宮内の羊水を採取して、赤ちゃんの染色体異常や先天性異常を調べます。

検査方法が侵襲的であるため、流産や早産など、合併症のリスクが高く注意が必要になります。

絨毛検査

羊水検査と同じく、高齢出産となるお母さんや、NIPT検査で陽性と診断されたお母さんに勧められる検査で、妊娠10週以降に行われる検査です。

方法は、お母さんの腹部に注射針を刺し胎盤から絨毛を採取する方法と、お母さんの膣に専用の医療器具を使い絨毛を採取する方法があります。

流産や早産などの合併症のリスクはありますが、羊水検査と比べるとリスクは低いとされています。


医師との相談が重要

出生前診断は赤ちゃんの健康状態を調べるための検査です。

これらの検査を受ける際は、医師から検査内容やリスクについての説明を受けることが重要です。

また、検査を受けることにより得られた結果については、医師とよく相談して必要に応じて専門家の意見を聞きましょう。


どこで受けられる?

DNA先端医療株式会社

全国のクリニックでNIPT「新型出生前診断」を実施している会社です。

NHKで特別番組が放送されたことがあり、信頼性は高いです。

提携クリニックが全国にあるため、検査をする近くの提携クリニックを選ぶことができます。

紹介状の必要もなく検査を受けたいとき受けることができます。

サービスとして次の特徴があります。

1、羊水費用の全額負担

万が一陽性だった場合、羊水検査の費用を全額負担

検査をする病院は指定がないので自由に選択可能

2、認定遺伝カウンセラーとの無料相談

希望がある方は、認定遺伝カウンセラーの相談が何回でも無料

来院しなくても電話で相談できる

3、2回目以降の検査費用がずっと半額

業界初の特典として、DNA先端医療株式会社の提携院で一度NIPTを受けた方は、2子目、3子目以降の検査費用がずっと半額で検査可能

DNA先端医療株式会社へ≫

平石クリニック

平石クリニックの院長である平石貴久さんは2021年2月3日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」に出生前診断評論家として出演した経験があり、信頼性は高いです。

提携クリニックが全国にあるため、検査をする近くの提携クリニックを選ぶことができます。

日本に250人程度しか居ない認定遺伝カウンセラーが在籍しています。

平石クリニックへ≫

青山ラジュボークリニック

提携クリニックが全国にあるため、検査をする近くの提携クリニックを選ぶことができます。

金額や検査項目の見直しを行い、日本国内において最安値になります。

希望がある方は、認定遺伝カウンセラーの無料電話相談ができます。

青山ラジュボークリニックへ≫