がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

探したいことがあれば右上の「検索」を使ってね

【超高齢社会】看護師国家試験の対策!看護学生が覚えること!

1).試験対策

年々、老年人口が増えて「高齢化社会」「高齢社会」「超高齢社会」と変化をしてきました。過去の問題でも出題されているためポイントだけを覚えます。

それぞれの社会は老年人口割合が関係しています。


 

1、老年人口割合

老年人口とは「65歳以上」の人口のことです。

この老年人口の割合により、「高齢化社会」「高齢社会」「超高齢社会」に分けられます。

竜

ふむふむ

老年人口割合

1、高齢化社会:7%を超える

2、高齢社会:14%を超える

3、超高齢社会:21%を超える

ポイントは7の倍数になります。

さらに、それぞれの社会の老年人口割合が何年に達したのか覚えます。

  • 高齢化社会:1970年
  • 高齢社会:1994年
  • 超高齢社会:2007年

2025年には30%、2060年には40%に達すると予想され、年々増加傾向にあります。


 

2、計算式

老年人口割合は計算式があるため覚えます。

老年人口割合=老年人口÷総人口×100

竜

計算式は過去の問題で出題されているのだ。

過去問「必修」

人口の高齢化に関連した指標の説明で正しいのはどれか。

  1. 60歳以上の人口割合を高齢化率という。
  2. 老年人口が35%を超えると超高齢社会である。
  3. 高齢化社会から超高齢社会への所要期間を倍加年数という。
  4. 生産年齢人口に対する老年人口の比を老年人口指数という。

4.生産年齢人口に対する老年人口の比を老年人口指数という。


 

3、まとめ

  • 老年人口は65歳以上
  • 7の倍数
  • 高齢化社会:7%を超える「1970年」
  • 高齢社会:14%を超える「1994年」
  • 超高齢社会:21%を超える「2007年」
  • 老年人口割合=老年人口÷総人口×100

竜

勉強お疲れ様なのだ
休憩も必要なのだ