がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

わからないことがあれば、右上の「検索」を使ってね

【9】看護師国家試験!過去問から学ぶ必修問題対策!

1).必修問題対策

記載内容:1、更年期障害 2、家族関係 3、病床 4、地域医療支援病院 5、特定機能病院 6、介護老人保健施設 7、市町村保健センター 8、保健所 9、地域包括支援センター 

看護師国家試験の対策は過去の問題にあります。

過去の問題と同じ傾向の問題が良く出題されるので、まずは過去の問題からポイントを覚えます。

問題と答えを覚えるのではなくポイントを覚えることで違う形式で問題が出題されても柔軟に対応できます。


 

1、更年期障害

老化に伴い性ホルモンの減少や増加が起こりホルモンのバランスが崩れることで、さまざまな症状が出現する状態です。

1).身体的症状

  • ほてり
  • のぼせ
  • 多汗
  • 倦怠感
  • めまい
  • 動悸
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 皮膚の掻痒感
  • 性機能障害
  • 泌尿器症状

2).精神的症状

  • 認知力低下
  • 無気力
  • 不安
  • 抑うつ
  • 不眠
  • イライラ

3).ホルモンの変化

卵胞機能の低下により「卵胞ホルモン=エストロゲン」「黄体ホルモン=プロゲステロン」の分泌が減少します。

「テストステロン」「プロラクチン」も老化に伴い分泌が減少します。

ネガティブ「負の」フィードバックにより「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」「黄体形成ホルモン=LH」「卵胞刺激ホルモン=FSH」は増加します。

4).ポイント

竜

減少、増加するホルモンをしっかり覚えるのだ

減少、増加するホルモンを覚えます。

閉経する平均年齢は「50歳」であることを覚えます。

閉経の判断は無月経12ヶ月以上経過したら最終月経月にさかのぼり閉経と判断します。


 

2、家族関係

要介護者からみた最も多い主な介護者は、どの年の試験も正解答は「同居の配偶者」ですが、年によって違う場合が出てくる可能性はあるので注意が必要です。

竜

統計データはその年のものを覚えるのだ

1).ポイント

家族の関係は「協力」であることを覚えます。

「自己決定」「セルフケア」などを妨げない家族関係が望ましいことを覚えます。


 

3、病床

病院:20床以上
診療所:19床以下
助産所:9床以下

1).ポイント

医療法で定められています。

入院させることができる病床数は病院と診療所で違うことを覚えます。

竜

0床、つまり入院設備がない医療機関は診療所なのだ


 

4、地域医療支援病院

都道府県知事の承認を受けることが必要です。

病床数は200床以上です。

かかりつけ医から紹介された患者の診療などをすることで、地域の医療を支援する病院のことです。

「救急医療を提供する能力」「地域の医療従事者の資質の向上を図るための研修を行わせる能力」を有する病院です。

1).ポイント

医療法で定められています。

次のことを覚えます。

  • 都道府県知事の承認
  • 200床以上
  • 地域の医療を支援する
  • 救急医療を提供する能力を有する
  • 地域の医療従事者の資質の向上を図るための研修を行わせる能力を有する
竜

特定機能病院と区別するのだ


 

5、特定機能病院

厚生労働大臣の承認を受けることが必要です。

病床数は400床以上です。

16以上の診療科が必要です。

高度な医療を提供する病院です。

「高度な医療技術の開発及び評価を行う能力」「高度な医療に関する研修を行わせる能力」「医療の高度な安全を確保する能力」を有する病院です。

1).ポイント

医療法で定められています。

次のことを覚えます。

  • 厚生労働大臣の承認
  • 400床以上
  • 高度医療を提供する
  • 高度医療技術の開発及び評価を行う能力を有する
  • 高度医療に関する研修を行わせる能力を有する
  • 医療高度な安全を確保する能力」を有する
竜

地域医療支援病院と区別するのだ


 

6、介護老人保健施設

要介護者が入所して看護や医学的管理の下で必要な医療や日常生活上の世話を受けることができる施設のことです。

常勤の医師の配置が義務付けられています。

1).ポイント

「介護保険法」で定められていることを覚えます。

「常勤の医師の配置」が義務付けられていることを覚えます。

竜

簡単な医療であれば受けれるのだ


 

7、市町村保健センター

地域住民の健康づくりをする機関です。

地域住民に「健康相談」「保健指導」「健康診査」など地域保健に関する事業を行います。

1).母子保健事業

  • 健康教育
  • 健康相談
  • 健康診査
  • 訪問指導
  • 母子健康手帳の交付

など

2).健康増進事業

  • 健康教育
  • 健康相談
  • 健康診査
  • 健康手帳の交付
  • 保健計画の策定
  • 地区組織の育成支援

など

3).精神保健福祉事業

  • 個別指導
  • 訪問指導
  • デイケア
  • 精神障害の知識と普及

など

4).災害についての活動

  • 災害有事の対応
  • 情報提供

など

5).その他

  • 予防接種
  • 歯科保健

など

6).ポイント

地域保健法で定められています。

市町村が設置できます。

「地域住民」に「健康相談」「保健指導」「健康診査」をすることを覚えます。

「母子健康手帳、健康手帳の交付」「訪問指導」をすることを覚えます。

竜

保健所との業務を区別するのだ


 

8、保健所

広域的に行う、専門的技術を要する、多種の保健医療職種のチームワークなどのサービスと対物保健などを実施する総合的な保健衛生行政機関、市町村が行う保健サービスに必要な技術援助を行う機関です。

覚えやすいように言葉を簡略化してあります。

1).地域保健に関する事項

  • 健康日本21

2).統計に関する事項

  • 人口動態統計
  • その他の地域保健に係る統計

3).食品衛生に関する事項

  • 栄養の改善

4).環境衛生に関する事項

  • 住宅の衛生
  • 水道の衛生
  • 下水道の衛生
  • 廃棄物の処理
  • 清掃
  • その他の環境の衛生

5).医事や薬事に関する事項

  • 医療機関の開設
  • 医療法に基づく医療監査

6).保健師に関する事項

  • 教育
  • 研修
  • 指導
  • 相談

7).公共医療事業に関する事項

  • 災害時の対策

8).老人母子に関する事項

  • 母子健康手帳の交付
  • 妊婦健康診査
  • 乳幼児健康診査
  • 介護予防健診
  • 介護予防事業

9).歯科保健に関する事項

  • 8020運動

10).精神保健に関する事項

  • 相談
  • 措置入院
  • 医療保護入院
  • 応急入院

11).難病や特殊疾病、長期療法に関する事項

  • 難病対策

12).疾病の予防に関する事項

  • エイズ
  • 結核
  • 性病
  • 伝染病
  • その他の疾病

13).地域住民の健康に関する事項

  • 健康保持
  • 健康増進
  • 健康診断
  • 訪問指導

14).ポイント

地域保健法で定められています。

都道府県、政令指定都市、中核市などが設置できます。

「廃棄物の処理」「人口動態統計」「環境衛生」「健康増進」「疾病予防」を覚えます。

竜

市町村保健センターと区別するのだ


 

9、地域包括支援センター

医療、介護、保健、福祉などを活用して「高齢者」を支える施設のことです。

目的は「地域住民の保健医療の向上および福祉の増進を支援すること」です。

竜

業務は次の4つなのだ

1).総合相談

高齢者やその家族などからも相談を受けてネットワークの構築や「社会資源」の紹介をします。

2).権利擁護

高齢者が地域で安全に安心して生活できるように権利を守ります。

「虐待」「金銭トラブル」であることを覚えます。

3).介護予防ケアマネジメント

高齢者が介護を必要な状態を予防するためのケア計画を立てます。

介護保険が今後必要になりそうな高齢者や介護で要支援を取得した高齢者が対象です。

  • 運動機能向上
  • 栄養改善
  • 口腔機能向上
  • 認知機能低下予防
  • うつ病予防

など

4).包括的・継続的ケアマネジメント

高齢者が住み慣れた地域で生活できるように医療、介護、地域住民などのネットワークを構築し、その体制を作る支援をします。

5).ポイント

介護保険法で定められています。

市町村が設置できます。

4つの業務を覚えます。


竜

勉強お疲れ様なのだ
休憩も必要なのだ