がんばれ〜)ु˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾

【潰瘍性大腸炎】看護師国家試験で出題された問題!

「潰瘍性大腸炎」について、過去の看護師国家試験で出題されています。過去の問題を解いて点数アップしましょう。


 
 

過去の問題

過去の問題を解いて正解答や誤回答を覚えておきましょう。

過去の問題を見てみます。

過去問「必修」

【不適切問題】

  • 問題として適切であるが、必修問題としては妥当でないため。

潰瘍性大腸炎ulcerative colitisによって生じるのはどれか。

  1. 滲出性下痢
  2. 分泌性下痢
  3. 脂肪性下痢
  4. 浸透圧性下痢

1.滲出性下痢

過去問「状況設定」①

Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎ulcerative colitisと診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8〜10回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎ulcerative colitisの再燃のため入院することになった。

身長158.2cm、体重40.2kg。体温38.3°C、脈拍92/分、血圧108/76mmHg であった。

血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球9,800/μL、Hb7.8g/dL、アルブミン2.5g/dL、CRP5.5mg/dL。

Aさんの状態のアセスメントで適切なのはどれか。

  1. BMI による肥満度の判定基準では普通体重に該当する。
  2. 貧血は心不全heart failureの徴候を示している。
  3. 浮腫が出現する可能性がある。
  4. 脱水に陥る可能性は低い。

3.浮腫が出現する可能性がある。

過去問「状況設定」②
(上記①の続きの問題)

入院後、Aさんは点滴静脈内注射による持続輸液とプレドニゾロン40mg/日の内服とが開始された。入院翌朝、Aさんが「たくさん汗をかいたのでさっぱりしたい」と話したため、看護師は清拭を行うと提案した。

体温38.0°C、呼吸数18/分、脈拍82/分、血圧112/72mmHgであった。

下痢は0時から6時までで3回あり、 倦怠感が強い。

看護師が入浴ではなく清拭を提案した理由で適切なのはどれか。

  1. プレドニゾロンの内服
  2. 点滴静脈内注射の実施
  3. 急性増悪
  4. 貧血

3.急性増悪

過去問「状況設定」③
(上記②の続きの問題)

入院後10日、Aさんの状態は改善し、経腸成分栄養剤300mL/日(1kcal/mL)が開始された。Aさんは「入院前も自分なりには気を付けていたつもりだったけど、 また悪くならないようにするには退院後はどうしたらいいのかしら」と話した。

このときのAさんへの説明で最も適切なのはどれか。

  1. 「仕事は今までどおりで大丈夫です」
  2. 「下痢が続いたら炭水化物を減らしてください」
  3. 「経腸成分栄養剤600mLで1日分の栄養が確保できます」
  4. 「悪化のきっかけになるようなことがなかったか一緒に考えてみましょう」

4.「悪化のきっかけになるようなことがなかったか一緒に考えてみましょう」


竜

勉強お疲れ様なのだ
休憩も必要なのだ