がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

わからないことがあれば、右上の「検索」を使ってね

【治験】必要性と安全性!参加方法!

9、その他

治験のメリットは謝礼金が貰えるだけ?意外と知らないだけで知ってる人は得してる。

治験と聞くと闇のアルバイトや都市伝説を想像していました。

治験は国が認めているもので健康保険が適用される薬剤は必ず治験をしています。

竜

安全性が確認できた薬剤は厚生労働省が承認しているのだ


1、治験とは

人を対象に治験薬の効果や安全性を調べるため、治療を兼ねた新薬開発をする試験のことです。

竜

薬剤の安全性を調べるのだ


2、必要性

治験は薬剤の安全性を確認するために必要です。

新薬や海外から輸入する薬剤などは治験により安全性が認められ、厚生労働省の承認を得ています。

竜

必ず治験をするのだ


3、安全性

新薬の開発は、まず動物に治験薬を使用します。

治験薬の効果や安全性を繰り返し確認をし、試験的に人に使います。

竜

安全性は他の動物で確認するのだ

法律

治験は薬事法という法律に基づいてGCPという基準で行われます。

GCP: 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(Good Clinical Practice)

GCPにより治験に参加する方の人権、安全性、プライバシーは守られています。

竜

法律で守られているのだ


4、ステージ

治験は3つのステージに分かれて行います。

竜

人が対象の治験ステージは分かれているのだ

1、第Ⅰ相試験

  • 対象は健康な成人
  • 治験薬の安全性を調べる

2、第Ⅱ相試験

  • 対象は患者
  • 第Ⅰ相試験で安全性が確認された治験薬を調べる
  • 安全な用量の範囲内で治験薬の効果や安全性、適切な用法、用量を調べる

3、第Ⅲ相試験

  • 対象はより多くの患者
  • 第Ⅱ相試験よりも詳しい情報を集めるのが目的
  • 治験薬と既に販売されている薬、あるいはプラセボを比較して効果や安全性を最終的に調べる
プラセボとは

治験薬と見た目や形状が似ていて区別がつかない、薬剤有効成分が含まれない薬のことです。

薬剤の効果が、人の思い込みによるものかを調べます。


5、報酬

治験はボランティアとしての参加になります。

給与ではなく「謝礼金」「負担軽減費」などとしての支給になります。

謝礼金

治験に参加する人の時間的拘束、交通費などを負担する、あるいは軽減する目的でお支払いするものです。

相場

謝礼金は1回あたり1万円~2万円程度です。

アルバイトであれば、時給1200円で8時間働いて1日9600円もらえるのに対し、指示された内容をするだけで高い謝礼金が貰えます。

そのため時給はアルバイトより良いことが多いです。

特に入院をする治験は拘束時間が長いため通院をする治験より謝礼金が高くなる傾向にあります。

ちなみに謝礼金は税金がかからないので全額貰えます。

竜

税金かからないのかっ!

ボランティアの実績

治験はボランティアです。

そのため治験に参加することは社会貢献をした実績につながります。

竜

そうなのかっ!


6、参加方法

治験は誰でも参加できるわけではありません。

竜

治験したくてもできない場合があるのだ

治験モニターに応募

自分が参加したい治験モニターに応募や登録をします。

竜

まずは登録しないと始まらないのだ

説明会に参加

応募や登録が完了すると治験についての説明があるので説明会に参加します。

健康診断

指定された場所で健康診断をします。

健康診断の合否により治験に参加できるか判断されます。

参加者の負担を少しでも軽減するため説明会が終わると、健康診断をすることが多い傾向にあります。

合格

治験の申し込みをして手続きを済ませると案内や連絡があります。

竜

治験をする法人により参加する流れが多少異なるのだ


7、メリット

健康診断が無料

健康診断を受けようと思うと自費になります。

自費であるため各医療機関が自由に価格を設定できるため値段に差はあります。

検査項目にもよりますが簡単で基本的な健康診断であれば5000円〜15000円します。

このような健康診断が無料で受けることができます。

謝礼金

1番のメリットと言っても良いと思います。

治験を受ける報酬として謝礼金がもらえます。

この謝礼金は税金がかからないので減らされることはありません。

生活が規則正しくなる

入院する治験では栄養を管理された食事が3食ついてきます。

規則正しい生活を送るようにある程度生活を管理されています。

そのため規則正しい生活リズムが身につきます。

ボランティア活動の実績

副業禁止の会社などは多いのではないでしょうか…

副業を禁止する理由は副業をすることで本業がおろそかになる可能性がある、という理由などでしょうか…

しかし治験はボランティアであるため副業にはなりません。

さらにボランティア活動の実績にもなります。

最先端の治療薬

薬剤は治験で安全性を確認できてから厚生労働省が承認します。

承認されるまでは医療保険を使って使用することはできません。

しかし治験としてであれば使うことができるため未承認ではあるが最先端の薬剤を使うことができます。

慢性的で治らない疾患を抱えている場合、治験薬と疾患があっていれば参加できる可能性は高くなります。

実際に治らない疾患を抱えた患者さんに治験を依頼することがあります。


8、デメリット

副作用

予想していない副作用が起こるリスクがあります。

治験に参加して副作用で「後遺症がでた」「死亡した」ということはほとんどありません。

過去の事例として0件ではありませんが

「癌などで余命宣告された患者さんが新薬で治療するが結果として亡くなってしまった」

という様な場合がほとんどです。

治験薬の副作用などにより何らかの健康被害が生じた場合は治験依頼者から補償を受けることができます。 

とても大切なことなので参加する前に必ず主催する法人に確認をすることをおすすめします。

生活習慣の制限

食事や運動、飲酒、喫煙などの生活習慣を制限される場合があります。


9、登録をした方が良い条件

とりあえず登録するだけでも良いと思いますが、1つでも気になる方は登録をおすすめします。

  • お金を稼ぎたい
  • 健康診断を無料で受けたい
  • 副業をしたい
  • ボランティア活動の実績を作りたい
  • 規則正しい生活習慣を身につけたい

登録だけして気に入った依頼内容があれば受けるのもありだと思います。


竜

知らないだけで意外とみんな登録してるのだ