がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

わからないことがあれば、右上の「検索」を使ってね

【点滴】簡単で超単純な滴下数の計算方法!滴下速度の標準値!

1、看護知識・看護スキル

点滴の滴下計算は超簡単な公式があります。学校ではあまり教えてもらえない方法を記事にしました。

点滴の計算は看護師国家試験でほぼ出題されます。

また実際の現場では滴下数の計算がわからないと業務に支障がでます。

竜

公式を覚えたら簡単なのだ

計算が苦手な方は是非公式を覚えてみて下さい。


 

1、基本

1).滴下速度

点滴の滴下速度には標準値があります。

一般的に成人で約2ml/kg/hです。

状態や疾患により異るので基本的には医師の指示に従います。

体重60kgの点滴速度の計算例

2ml×60kg=120ml
1時間で120ml落とす計算になります。

竜

あくまで標準値なのだ

実際の現場では医師の指示により少し違うのだ

2).点滴速度が人体に与える影響

速く落す時に起こる症状

呼吸器系や心臓、腎臓に負荷がかかるため出現します。

竜

速く落とすと身体の中に入る点滴量が多くなるために起こる症状なのだ

  • 尿量の増加
  • 動悸
  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 浮腫
  • 心不全
遅く落す時に起こる症状

体の中に必要量が達していないため出現します。

竜

遅く落とすと身体の中に入る点滴量が少なくなるために起こる症状なのだ

  • 尿量減少
  • 口渇
  • 脱水症状
  • 発熱
  • 意識レベルの低下

 

2、計算方法

順番に計算するの方法を説明しますが、理解するのがめんどくさいと思う方は「5、簡単な公式を丸暗記」までとばして下さい。

竜

めんどくさいと思う人は飛ばすのだ

1).静脈内与薬セットの種類

静脈内与薬セットの種類として2種類あります。

1mlあたり約20滴と約60滴です。

成人は20滴を使用しますが小児や極端に体重の軽い人、持続点滴をする時は主に60滴が使われます。

2).計算の前に

計算するの前に実際、現場では何で調節しているのか考えましょう。

点滴を合わせる時に見るのは時計(秒針)を見て滴下数を合わせています。

竜

時計以外なにがある…

計算した結果は1秒あたり何滴を落とせば良いか知る必要があります。

3).静脈内与薬20滴の場合

500mlの薬剤を4時間で落とす場合、500mlを総滴下数に計算します。

500ml×20滴=10000滴

竜

まずは「ml」を「総滴下数」にするのだ

次に1時間あたり何滴になるか計算します。

落とす時間は4時間です。

10000滴÷4時間=2500滴/時間

竜

次は1時間で落とす総滴下数にするのだ

次に1分あたり何滴になるか計算します。

1時間は60分です。

2500滴÷60分=41.6666…滴

割り切れなかったので四捨五入をします。

41.7滴/分

竜

計算手順多いな…

1分で落とす総滴下数にしたら次はもう予想がつくのだ

次に1秒あたり何滴になるか計算します。

1分は60秒です。

41.7滴÷60秒=0.695滴/秒

四捨五入をします。

0.7/秒

1秒あたりの滴下数が計算できました。

4).静脈内与薬60滴の場合

500mlの薬剤を4時間で落とす場合500mlを総滴下数に計算します。

500ml×60滴=30000滴

次に1時間あたり何滴になるか計算します。

落とす時間は4時間です。

30000滴÷4時間=7500滴/時間

次に1分あたり何滴になるか計算します。

1時間は60分です。

7500滴÷60分=125滴/分

次に1秒あたり何滴になるか計算します。

1分は60秒です。

125滴÷60秒=2.0833…滴

割り切れなかったので四捨五入をします。

2.1滴/秒

1秒あたりの滴下数が計算できました。


 

3、順番に計算すればできる

計算と聞くと「できない」「わからない」「苦手」と思う人は多いのではないでしょうか。

点滴の滴下数は順番に計算をすれば意外と慣れるものです。

計算が苦手な人は計算問題を何度もしてみて下さい。

竜

もっと簡単な方法があると良いのだ


 

4、簡単な公式を丸暗記

計算が苦手な人は簡単だと言われても難しく感じるものです。

そこで簡単な公式を紹介します。

四捨五入の関係で簡単な公式を使わない場合と答えは同じになりますが、簡単な公式を使用する方がより正確な数字になります。

竜

簡単で正確なのだ

1).静脈内与薬20滴の場合の公式

点滴総量ml÷(総分数×3)=1秒あたりの滴数

竜

ポイントは総分数にするのだ

500mlの薬剤を4時間で落とす場合の計算です。

点滴総量=500ml

総分数×3=4時間×60分×3=720

500ml÷720=0.6944…滴

四捨五入をします。

0.7/秒

1秒あたりの滴下数が計算できました。

2).静脈内与薬60滴の場合の公式

点滴総量ml÷総分数=1秒あたりの滴数

竜

さらに簡単なのだ

500mlの薬剤を4時間で落とす場合の計算です。

点滴総量=500ml

総分数=4時間×60分=240分

500÷240=2.0833…滴

四捨五入をします。

2.1滴/秒

3).覚え方

【ポイント】

「2).静脈内与薬60滴の場合の公式」をまずは覚えます。

点滴総量ml÷総分数=1秒あたりの滴数

竜

静脈内与薬60滴の計算方法を覚えるのだ

「1).静脈内与薬20滴の場合の公式」は総分数に「×3」をするだけです。

竜

本当だっ!

静脈内与薬20滴と60滴の公式を見ると「×3」があるか、ないかだけなのだ

注意点として時間ではなく分数で割ることに注意しましょう。


竜

酸素ボンベや薬液希釈の計算もまとめてあるのだ