がんばれ〜(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

わからないことがあれば、右上の「検索」を使ってね

【15】看護師国家試験!過去問から学ぶ必修問題対策!

1).必修問題対策

記載内容:1、抗ウイルス薬 2、抗癌薬 3、ジキタリス製剤 4、狭心症治療薬 5、副腎皮質ステロイド 6、麻薬性鎮痛薬 7、インスリン 8、毒薬と劇薬の表示 9、薬剤の注意事項

看護師国家試験の対策は過去の問題にあります。

過去の問題と同じ傾向の問題が良く出題されるので、まずは過去の問題からポイントを覚えます。

問題と答えを覚えるのではなくポイントを覚えることで違う形式で問題が出題されても柔軟に対応できます。


 

1、抗ウイルス薬

一般名です。

1).インフルエンザ治療薬

  • オセルタミビルリン酸塩
  • ザナミビル水和物
  • バロキサビル マルボキシル
  • ペラミビル水和物
  • ラニナミビルオクタン酸エステル水和物

2).抗HSV薬

  • アシクロビル
  • アメナメビル
  • バラシクロビル塩酸塩
  • ビダラビン
  • ファムシクロビル

3).抗HBV薬

  • アデホビルピボキシル
  • エンテカビル水和物
  • テノホビルアラフェナミドフマル酸塩
  • テノホビルジソプロキシルフマル酸塩
  • ラミブジン

4).抗HCV薬

  • アスナプレビル
  • エルバスビル
  • オムビタスビル水和物
  • グラゾプレビル水和物
  • シメプレビルナトリウム
  • ソホスブビル
  • ダクラタスビル塩酸塩
  • テラプレビル
  • バニプレビル
  • パリタプレビル水和物
  • ピブレンタスビル
  • ベクラブビル塩酸塩
  • リトナビル
  • リバビリン
  • レジパスビルアセトン付加物

5).抗HIV薬

  • アタザナビル硫酸塩
  • アバカビル硫酸塩
  • インジナビル硫酸塩エタノール付加物
  • エトラビリン
  • エファビレンツ
  • エムトリシタビン
  • エルビテグラビル
  • サキナビルメシル酸塩
  • サニルブジン
  • ジダノシン
  • ジドブジン
  • ダルナビルエタノール付加物
  • テノホビルジソプロキシルフマル酸塩
  • テノホビルアラフェナミドフマル酸塩
  • ドルテグラビルナトリウム
  • ネルフィナビルメシル酸塩
  • ネビラピン
  • ホスアンプレナビルカルシウム水和物
  • マラビロク
  • コビシスタット
  • ラミブジン
  • ラルテグラビルカリウム
  • リトナビル
  • リルピビリン塩酸塩
  • ロピナビル

6).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • 抗ウイルス薬は「アシクロビル」

 

2、抗癌薬

  • 有害作用:骨髄抑制、悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、脱毛、口内炎
  • 骨髄抑制:全ての血球減少、易感染、貧血、出血傾向

1).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • 抗癌薬による骨髄機能抑制症状は「歯肉出血」
  • 骨髄抑制が出現するのは「抗癌薬」
  • 抗癌薬の有害な作用で起こりやすいのは「嘔吐」
  • 抗癌薬の副作用(有害事象)である骨髄抑制を示しているのは「白血球減少」

 

3、ジキタリス製剤

  • 有害作用:食欲不振、嘔吐、下痢、めまい、頭痛、錯乱、不整脈、悪心

1).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • ジゴキシンの主な有害な作用は「不整脈」
  • ジギタリス中毒の症状は「不整脈」
  • ジギタリスの副作用は「悪心」

 

4、狭心症治療薬

  • 有害作用:血圧低下、頭痛、嘔吐

1).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • ニトログリセリンの副作用は「血圧の低下」
  • ニトログリセリンの作用は「血管拡張」
  • 狭心症発作時に使用するのは「ニトログリセリン」
  • 狭心症発作時の硝酸薬(ニトログリセリン)の適切な使用法は「舌下」

 

5、副腎皮質ステロイド

  • 有害作用:骨粗鬆症、満月様顔貌、食欲亢進、中心性肥満、血糖上昇、血圧上昇、動脈硬化、脂質異常症、免疫抑制

1).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • 長期間の使用によって満月様顔貌<ムーンフェイス>をきたすのは「プレドニゾロン」
  • 副腎皮質ステロイドの作用は「炎症の抑制」
  • 副腎皮質ステロイド薬の長期投与による有害作用は「骨粗鬆症」
  • ステロイド薬の副作用(有害事象)は「骨粗鬆症」

 

6、麻薬性鎮痛薬

1).種類

  • モルヒネ
  • フェンタニル
  • オキシコドン
  • コデイン
  • トラマドール

2).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • 麻薬性鎮痛薬の副作用は「腸蠕動の抑制」
  • モルヒネによる急性中毒の症状・徴候は「呼吸抑制」
  • モルヒネの副作用(有害事象)は「便秘」
  • 医療機関における麻薬の取り扱いについて正しいのは「麻薬注射液の使用後のアンプルは麻薬管理責任者に返却する」
  • 鍵のかかる堅固な設備で保管しなければならないのは「モルヒネ塩酸塩」
  • 他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管することが法律で定められているのは「フェンタニル」
  • 貼付剤として用いられる薬剤は「フェンタニル」

 

7、インスリン

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • インスリン製剤に使用される単位は「単位(U)」
  • インスリン自己注射の投与経路は「皮下」
  • 副作用(有害事象)として低血糖症状を起こす可能性があるのは「インスリン」

 

8、毒薬と劇薬の表示

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • 薬機法による毒薬の表示は「黒地,白枠,白字」
  • 劇薬の表示で正しいのは「白地,赤枠,赤字」

 

9、薬剤の注意事項

飲み合わせが良くないもこです。

  • 緑内障:抗コリン薬、三環系抗うつ薬、抗不安薬
  • 抗コリン薬:アトロピン
  • カルシウム拮抗薬:グレープフルーツ
  • ワルファリン:ビタミンK、納豆、クロレラ、青汁
  • テトラサイクリン系抗生物質:牛乳、乳製品
  • 抗不安薬:カフェイン
  • 睡眠薬:カフェイン
  • 気管支拡張薬:カフェイン

1).ポイント

過去に出題された問題の正解答を覚えます。

  • ワルファリンと拮抗作用があるのは「ビタミンK」
  • 出血傾向を考慮し手術前に投与の中止を検討するのは「ワルファリン」
  • 出血傾向のある患者に禁忌なのは「ワルファリン」
  • ワルファリンカリウム服用時に避けた方がよい食品は「納豆」
  • インドメタシン内服薬の禁忌は「消化性潰瘍」
  • 15%塩化カリウム注射液原液の静脈内投与で起こり得るのは「心停止」
  • 緑内障で禁忌なのは「アトロピン」
  • カルシウム拮抗薬の服用時に避けた方がよい食品は「グレープフルーツ」
  • 勃起不全治療薬の併用禁忌は「ニトログリセリン」
  • 医薬品に関する禁忌を示すことが定められているのは「添付文書」

竜

勉強お疲れ様なのだ
休憩も必要なのだ