がんばれ〜)ु˃̶͈̀ω˂̶͈́ )੭ु⁾⁾

 
調べたい事は右上の検索を使うのだ!
 
検索方法はキーワードを入れるのだ!
 
キーワードは1単語で検索するのだ!

【脳死の判定基準】看護師国家試験の対策!過去に出題された問題を解いて点数アップ!

 

「脳死の判定基準」は比較的、良く出題されています。覚える内容は簡単であるため、必ず覚えて看護師国家試験の対策をしょう。


 
 

1、脳死の判定基準

1).前提条件

  1. 器質的脳障害により深昏睡および自発呼吸が消失した状態
  2. 器質的脳障害の原疾患が確実に診断されている
  3. 原疾患に対して行い得る全ての適切な治療をしても回復の可能性がないと認められる状態

上記1〜3を満たす者になります。

2).除外

  • 生後12週未満「在胎週数が40週未満の場合は出産予定日から起算して12週」
  • 急性薬物中毒により深昏睡および自発呼吸が消失した状態
  • 直腸温が32℃未満「6歳未満は35℃未満」
  • 代謝性障害や内分泌性障害により深昏睡および自発呼吸が消失した状態

3).検査

  • 深い昏睡
  • 瞳孔散大と固定「瞳孔直径4mm以上」
  • 脳幹反射の消失
  • 平坦な脳波
  • 自発呼吸の停止

6時間以上「生後12週〜6歳未満は24時間以上」経過した後、同じことを判定します。


 

2、過去の問題

過去の問題を見てみます。

過去問「必修」

臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準に含まれるのはどれか。

  1. 低体温
  2. 心停止
  3. 平坦脳波
  4. 下顎呼吸

3.平坦脳波

過去問「必修」

臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準で正しいのはどれか。

  1. 瞳孔径は左右とも3mm以上
  2. 脳波上徐波の出現
  3. 微弱な自発呼吸
  4. 脳幹反射の消失
  5. 浅昏睡

4.脳幹反射の消失

過去問「一般」

臓器の移植に関する法律において脳死臓器提供が可能になるのはどれか。

  1. 1歳
  2. 6歳
  3. 15歳
  4. 20歳
  5. 年齢制限なし

5.年齢制限なし

ポイントは脳死判定基準を知っていれば簡単に解くことができます。

脳死判定基準と良く似た内容が、「死の三徴候」があります。

これらの過去問を、まとめてある記事を参考にして下さい。


竜

勉強お疲れ様なのだ
休憩も必要なのだ

タイトルとURLをコピーしました